見つめてくる犬

保険選びのポイント

女性に抱き上げられる犬

犬保険などを扱う保険会社は実に様々です。
特に日本人は犬を昔から番犬などで利用していたので、今でも犬が好きでペットとして飼っている人の割合は多いです。
犬保険には、入院や手術の際に掛かって費用を保険金として支払うのが基本ですが、犬保険の中には、治療後に支払われるのではなく、病院での費用をそのまま保険に充て、動物病院での支払いが不要な場合もあります。
その保険会社と提携している病院で診察や治療を行なう事で、その場で直接支払いが無く、病院側が直接保険会社へ医療費を請求するのです。
手持ちのお金が少なくても安心という事で、多くの飼い主に喜ばれているシステムです。

また、ペット特約によって選ばれる犬保険もあります。
飼っているペット自身のケガや病気の治療費は保険会社が負担する場合がほとんどですが、例えば、犬は他人や他の犬を傷つける事や、他人の周遊物を壊す事もあります。
そのような場合に賠償責任があるのは飼い主です。
噛み付いてケガが残ってしまう場合などは慰謝料も併せて50万〜100万ほど掛かる可能性もあります。
そのようなリスクから飼い主を守る為の賠償責任保険特約が存在する犬保険もあります。
大型犬や、噛み癖のあるペットを飼っている場合は、このような特約を利用する事も頭に置いて保険を選ぶのが賢い方法だと言えます。

また、健康で丈夫なペットなら、健康祝い金などの形で、支払った保険金が返ってくるプランの犬保険もあります。
一定期間、保険を利用するケガや病気をしなかった場合、お祝い金という形で支払った金額が戻ってくるので、飼い主にとっても負担軽減になります。