見つめてくる犬

犬保険のメリット

聴診器をあてられる犬

犬保険などのペット保険が必要かどうかというのは、多くの人がペットを飼う時に考える事です。
大切な家族の一員として迎えるペットなので、ケガや病気などをした場合は、しっかりと治療してあげたいと思う人が多いです。
しかし、わざわざペット保険を毎月分払う必要性があるのか、病気になった時に都度、支払う方が安く済むのではないかと考える人もいます。
一度ペットが病気になった経験がある人は分かると思うのですが、ペットのケガや病気の治療にはお金が掛かります。
初診でも500〜3,500円程度掛かる事があり、手術や入院が必要な場合は10万以上必要となる場合もあります。
また、一度病気に掛かると、何度も通院が必要な場合や、再発を繰り返すパターンもあります。
そのような状況になった時に、お金が無いからと治療を行わないという選択をするのはとても残酷です。
将来のリスクに備える犬保険などのペット保険は必須ではありませんが、万が一の事を考えて、入っていた方が良い保険だと言えます。

犬保険のメリットには、他にもあります。
それは、特約などで賠償責任に関する保障も付ける事が可能な点です。
万が一、自分の飼っている犬が他人や他の動物に危害を加えた場合や、物を壊すなどした場合には、飼い主である自分が保障をしなければなりません。
噛み付いてケガが残ってしまう場合などは慰謝料も併せて50万〜100万ほど掛かる可能性もあります。
そのような場合に犬保険の賠償責任補償を付けておけば、保険会社から保険金がおり、誠意ある対応を行なう事が可能となります。