見つめてくる犬

加入条件

氷嚢をのせる犬

保険の申込みと条件

保険の申込み方は、まずインターネットや店舗に出向き、契約内容についての確認をします。 いくつかの保険会社があり、それぞれの犬保険に特徴があります。
犬保険の比較サイトや、無料見積りが出来るサービスを提供している保険会社もあるので、それらを活用して決めるのが良い方法だと言えます。
申込みは、書類に必要事項を記入し、年齡を確認する際には資料として血統書やワクチン証明書が必要とされる事や、場合によっては、健康診断書が求められる場合もあります。
また、注意しておきたいのが、対象がペットだと言っても、保険というサービスは確かな保障を提供するものなので、加入条件に満たないと犬保険を利用する事は出来ないと言う事です。
事前によく契約に際しての説明を読む事が大事だと言えます。

健康状態

持病のある人や常に病気がちな体質だという人がなかなか保険に入りにくいように、犬保険も健康状態によっては加入できない場合があります。
犬保険によっては過去の病気は完治していれば問題ないとする保険もあるので、事前に各人が必要です。
しかし、心疾患やフィラリア感染症といった特定疾患は対象外とされています。
噛み付いてケガが残ってしまう場合などは慰謝料も併せて50万〜100万ほど掛かる可能性もあります。

飼育状況

飼育状況も保険の加入条件として必要なものです。
ペットショップなどへの販売を目的として育てるブリーダー、またサーカスやタレント犬などの工業目的なペットは適用外だとする犬保険が多いです。

年齡

生後間もない内は病気にかかりやすい事もあり、保険に加入できる年齡を条件として定めている犬保険は多いです。