見つめてくる犬

犬の病気に手術費用

女性と向き合う犬

ペットの病気

飼っている犬が病気になり、手術が必要とされる場合もあります。
犬も人間と同じく、病気に鳴ると苦しく、身体の異変を感じて不安になるものです。
飼い主がしっかりと病気についての知識を持っている事で、適切な治療をペットに行なう事が可能となります。

癌は悪性腫瘍とも呼ばれ、細胞の異常増殖を起こし、がん細胞が転移する事で多数の臓器を機能不全に陥らせ、死に至らしめる恐ろしい病気です。
体重減少や食欲が無くなるといった症状として初めは現れ、次第に衰弱して微熱が続くという症状を示す事もあります。
癌は早期の手術で良くなる事もあるので、早めに病院に掛かるのが良いです。
噛み付いてケガが残ってしまう場合などは慰謝料も併せて50万〜100万ほど掛かる可能性もあります。

腸炎

腸炎は嘔吐や下痢のような症状が出ます。
原因は感染症や食べ物による腸内細菌の増殖異常、また癌や寄生虫の可能性もあります。
治療には7万〜14万円ほど掛かります。
腸炎は何度も再発する事があるので、犬保険に入っていれば安心です。

椎間板ヘルニア

背中にある椎間板という軟骨が変形し、飛び出した事で脊髄の神経を圧迫します。
ダックスフンドやコーギーなどの犬種に多いので、これらの犬種を飼っている人は、犬保険に入っておく事でリスクに備える事が出来ます。

気管支炎

痰を伴わない咳、食欲不振、元気が無いという症状が見られます。
手術が必要な場合は、12万円ほど掛かるので、事前に犬保険に入っているのが費用を抑える事が出来るので良いです。